ウルトラマンと怪獣さがしが楽しい祖師谷商店街【東京都】

デザインマンホール蓋のほかにもウルトラマンと怪獣がいる商店街(世田谷区)

車止めに怪獣とウルトラマン(祖師谷商店街)
車止めに怪獣とウルトラマン(東京都世田谷区)

ウルトラマンと怪獣のデザインマンホール蓋があると知って訪れたのが世田谷区にある祖師谷商店街。

最初の計画ではマンホール蓋の写真を撮るだけのつもりだった。調べていくうちに、あちこちにウルトラマンと怪獣たちがいると気づいて、できるだけ探してみることにした。

“ウルトラマンと怪獣さがしが楽しい祖師谷商店街【東京都】” の続きを読む

トッパンの博物館へ行ってきた【東京都】

日本だけでなく世界の印刷を知ることができる印刷博物館(文京区)

印刷博物館(TOPPAN)
印刷博物館(東京都文京区)

印刷と聞くと、書籍などをつくる機会がなければ身近なものと感じないが、文京区に印刷の歴史を知ることができる博物館があると知った。

博物館の近くへ行く機会があったので、用を済ませたあとに寄ってみた。

“トッパンの博物館へ行ってきた【東京都】” の続きを読む

オープンスペースになってるオーバル広場でリフレッシュ【東京都】

緑があってほっとする虎ノ門ヒルズのオーバル広場(港区)

ルーツ/Roots(オーバル広場)
オーバル広場(東京都港区)

東京のオフィス街にも公園や街路樹はある。

でも圧倒的に建物の数が多くて緑の空間はぽつぽつとしかない。そんなエリアで働いていると植物があるところへ行きたくなる。

歩いて行ける範囲に、公園のように植物がある場所はないか探してみたところ、オープンスペースになっている広場を見つけた。

“オープンスペースになってるオーバル広場でリフレッシュ【東京都】” の続きを読む

ホラーやオカルト好きは知っている? 新宿にある小泉八雲とゆかりのある場所【東京都】

小泉八雲終焉の地と小泉八雲記念公園(新宿区)

小泉八雲記念公園
小泉八雲記念公園(東京都新宿区)

ホラーやオカルトが好きな人だと聞いたことがあるかもしれない人物「小泉八雲」氏。

小泉八雲氏は小説家で、ホラー系の書籍を探していたときに初めて作品に出会い、短編集を読んですぐに好きになった。

名前から勝手に日本人だと思っていたが、のちに「ラフカディオ・ハーン」とわかり、新宿区に居住して執筆していたことを知る。

新宿区に小泉八雲記念公園があると知り訪れてみた。

“ホラーやオカルト好きは知っている? 新宿にある小泉八雲とゆかりのある場所【東京都】” の続きを読む

記録箱|移動して今はもうない巨大な獅子の頭【東京都】

かつて都内に存在した有名な彫刻家の作品「波除獅子」(中央区)

波除獅子
モニュメント「波除獅子」(東京都中央区)

街あるきをしていると、いろいろなものを目にする。

興味を引いたものはあとで調べようと写真を撮るけど、撮ったあとは「忙しい」を理由にして写真整理を怠ってしまい、埋もれてしまうことが多い。

写真を整理していると、「波除獅子」のモニュメントを撮った写真を見つけた。

波除獅子
モニュメント「波除獅子」(東京都中央区)

波除獅子は中央区の築地を街あるきしたときに見つけたモニュメントで、植え込みに獅子の頭だけが置かれている光景に衝撃を受けて写真を撮ったことを思い出した。

獅子の近くには案内板があって次のように書かれていた。

「波除獅子」

由来

この波除獅子は、世界有数の彫刻家、流政之先生の作であります。
波除獅子の命名は、この地、築地の守護神であります波除稲荷神社に由来しております。
今から四百年程前、築地一帯は、一面の海でした。慶長江戸図には、今の馬場先門あたりまで汐入を画き、八重洲海岸に舟の役所がありました。
文禄元年(一五九二年)江戸城西丸の増築にお堀の揚土を以て、日比谷入江を埋め始めたのが、江戸東南海面埋立の始まりです。
その後着々と埋立の工事が進みましたが、この築地海面だけは工事困難を極めたと言われます。堤防を築いても築いても激浪にさわられてしまうからです。
しかし、万治年間(一六六〇年頃)御神徳あらたかなる稲荷大神の御神体をお祀りして、波除の尊称を奉ってからは波風もぴたりとおさまり、工事はやすやすとすすんだとのことです。
この波除獅子が、波瀾含みの日本経済を鎮めてくれますよう祈願しております。

波除獅子
モニュメント「波除獅子」(東京都中央区)

写真を見たことで詳細な情報を知りたくなり、ネットで調べていると意外な情報が入ってきた。残念なことに波除獅子は現在、この場所にはないようだ。

2023年7月と8月に投稿されていたネット情報によると、波除獅子は香川県に移ったとのこと。

移設の際は神社の宮司さんが神事を行い、ていねいにモニュメントを保護したあと、都内から香川県まで運ばれたそうだ。今は美術館で展示されていているらしい。

街あるきすると旅行記のために写真を撮るが、あとで調べてみるといつの間にかなくなっていることがある。どうなってしまったのかわからなくなってしまうことが多いが、波除獅子は経過を知ることができてよかった。

いつか香川県へ行くことがあれば、獅子をつくった作家の「NAGARE STUDIO 流政之美術館」を訪れて波除獅子と再会したいものだ。

【おまけ】「玉ちゃん」と「恋弁天」

波除獅子をつくった彫刻家の名前に見覚えがあると思ってデータを探ったら写真を見つけた。

新宿区に「新宿住友ビル」があって三角ビルと呼ばれている。大規模な工事が始まる前に訪れて広場の写真を撮っていた。

広場にはいくつかの彫刻があったが、そのうちの「恋弁天」と「玉ちゃん」という猫の像をつくった人物が波除獅子と同じ「流 政之」氏だった。

二つとも新しくなった「三角広場」にあるというので、近くへ行くことがあればひさしぶりに見に行こうと思う。

関連する記事

迫力のある獅子頭がどーんと鎮座する波除神社